【素材別】お手入れ方法
5a41d332f22a5b7b9c0001b4 5a41d332f22a5b7b9c0001b4 5a41d332f22a5b7b9c0001b4 5a41d332f22a5b7b9c0001b4 5a41d332f22a5b7b9c0001b4 5a41d332f22a5b7b9c0001b4 5a41d332f22a5b7b9c0001b4

【素材別】お手入れ方法

¥1,018,517 税込

送料についてはこちら

1.天然木 日常のお手入れは、からぶきをしてください。汚れた場合は、染み込まないうちに水ぶきで汚れを落とした後、からぶきをしてください。 オイルステイン仕上げの商品についても、経年変化で変色しますので、色を保ちたい場合は、表面をサンドペーパーなどで軽く研磨した後、侵透性塗料の塗布をおすすめします。 また、ガーデン家具表面に黒い変色部が斑状に現れることがあります。木材の内部組織が周囲の環境により湿潤状態にあり、カビなどのバクテリアが木材表面で繁殖することで起こります。 放置すると全面に広がることがありますので、発生した場所を目の細かい紙やすりで研磨し、侵透性塗料などを用いてメンテナンスすることをおすすめします。 【素材の特徴】 あたたかみのある天然木の質感と風景に溶け込むナチュラルなデザイン性。人工物では表現できない、天然木による味わい深い表情が優しく包み込んでくれます。 ______________ 2.レジン(プラスチック) レジン(プラスチック)製の家具は雨やホコリ等による汚れのお手入れが簡単なため、屋外家具に適した素材です。しかし長期間に渡り太陽光にさらされると表面が劣化しやすくなるため、クリーナーでの適度なメンテナンスが必要になります。 メンテナンスは、まず汚れやほこりが沈着しないようにレジン・クリーナー等、中性洗剤をスポンジに含ませて洗浄し、その後水洗いして自然乾燥させます。これだけだと表面はほこりを吸着しやすい状態になってるため、短期間で元の状態に戻ってしまいます。 クリーニング後、長期間に渡り美しい状態を保つためにはレジン・ワックスポリッシュ等を使用し、柔らかい布で塗布します。このワックスには紫外線を防ぐ成分が入っているため、経年による劣化を遅らせ、レジン製品の耐久性も伸ばします。 【素材の特徴】 耐久性の高いレジン(プラスチック)素材を使用することで、スタイリッシュで洗練されたフォルムが表現されます。カジュアルなものから高級感を感じさせるものまで、幅広いバリエーションから選ぶことができます。 ______________ 3.スチール スチールの弱点として、錆(サビ)に弱いというものがあります。せっかくのスチール製インテリアも赤錆などができてしまっては雰囲気が台無しですし、金属の頑丈さも失われて曲がったり折れてしまったりする危険性もあります。 1)多少の汚れがあった場合は、乾燥した布で拭き取るだけの乾拭きにしましょう。とにかく水分に弱いので、できるだけ水分や湿気に触れないようにするのが長持ちさせるための基本となります。 2)頑固な汚れがあった場合は中性洗剤を薄めて拭き布に染み渡らせて、乾拭きをします。その後は水滴などが残らないようにしっかりと拭き取りましょう。スチール製の家具は表面にサビ防止の塗装が行ってありますが、水分が残っていると内部から赤錆が発生してしまいます。 3)部品の継ぎ目やボルト部分には水分が溜まりやすいので、そこからサビが発生することもあります。可能な限りボルトを外し、拭き取りを行った上で再度締め直しをするといったメンテナンスを行いましょう。 【素材の特徴】 スチール製のしっかりとしたフレームによる優れた耐久性と、癖のないシンプルなデザイン性で、どんな庭にも似合います。商業・公共施設にも幅広く使われており、ご自宅でも安心して使用することができます。 ______________ 4.人工ラタン PE(ポリエチレン)で出来た人工のラタン繊維で、程良い弾力が特徴です。 耐久性は約5年と言われておりますが、実際に設置する環境によって耐久性は前後します。しかし、天然のラタンや木製のガーデンファニチャーのように、変色や腐食の心配が少ないので、庭やベランダ、バルコニー等の屋外はもちろん、室内でも一般の家具同様にご使用いただけます。 商品に汚れが付着した場合には、水ぶきまたは薄めた中性洗剤でふき取ってください。落ちにくい汚れでも雑巾等に中性洗剤を含ませて拭きとり、水で洗い流せば簡単に汚れが落ちます。 【素材の特徴】 落ち着いた色合いのきめ細やかな人工ラタン。高い耐候性を持つので屋外に置いても安心です。どんな住宅スタイルにも合わせやすいすっきりとしたシンプルなデザインで、庭空間に優しく溶け込みます。 ______________ 5.アルミ・アイアン・ステンレス アルミは鉄と比較してさびにくい性質を持っていますが、キズが付いたときにそこからサビが発生する場合があります。小さなキズでも早めに補修されることをおすすめします。水に濡れた場合はからぶきしてください。 アイアン(鉄)は、湿度が高い、結露が多いなどの環境であると鉄がさびてくる可能性があります。鉄のさびれが気になる方は、定期的に「オイルフィニッシュ」を塗ってツヤ感があるものに仕上げることができます。 ステンレスの場合は、サビができてしまったら金属磨きなどで落とし、ワックスを塗ってあげれば進行は止まります。無塗装のアイアンの場合はサンドペーパーなどで磨いてから、植物性のオイルなどをキッチンペーパーなどに含ませて拭けば元通りです。 【素材の特徴】 鋳物がもつ造形美はモダンで美しく、庭を華やかに飾ります。 ______________ 6.天然石・モザイクタイル タイルは半永久的に劣化しません。ただし、付帯するトラブル(汚れの付着や白華現象)は、使用環境・施工方法などにより発生してしまう場合があります。 石材は使用状況や環境で経年変化します。まずは適正な使用部位に使用し必要な初期処理(例えば吸水止めや汚れ防止剤等のケミカル処理)をすることで長持ちの手助けをする事が出来ます。 商品に汚れが付着した場合には、水ぶきまたは薄めた中性洗剤でふき取ってください。汚れがひどい部分は市販の中性洗剤を水で薄めて布やタワシでこすってください。洗剤が残らないように水洗いを行い十分乾燥させましょう。 【素材の特徴】 様々な色彩のモザイクをあしらったテーブルトップや、優美な曲線が特長的なアイアンによるコンビネーション。落ち着きのあるクラシカルなフォルムと、モザイク模様の豊かな表情が空間を華やかにします。